夜桜星景写真撮影~真冬の夜のミステリー
IMG_2893.jpg

いつもながらの残業後、帰宅すると時刻は19時前。
空を見上げると、、雲がほとんどないことに気付いた。
以前から狙っていたあの撮影のチャンス…だけど、仕事で疲れすぎてるので迷う。。

思えば数年前に『星と夜桜…』と思いついたのはいいけれど、当時はまず、星を満足に撮るための機材が少なく、晴天どころか雨が降らない日中に桜撮影をするのがやっと。見上げれば雲。
もちろん晴れた日もあっただろうけど、平日は残業、土日はイベント動員というのが当たり前なので、この寒い時期、しかも夜に遠くまで撮影に行くのはハードルが高かった。

去年は星空撮影に適した機材を入手したこともあり、実際にその撮影のチャンスを伺っていた。しかし、相変わらず雨or曇りの日々、、そんな中、撮影できたのが例の雪夜桜。星空を狙って機材を用意していたら、星より珍しいものが撮れてしまった。そのときの写真と経緯は以前の記事を。
→雪夜桜を見上げながら
結果オーライだったけど、この年も目的の夜桜星景写真の撮影はできず…。

そして昨日。
買ってあった夕食を食べながら撮影に行くかどうか考えていたが、基本的に、迷ったら行く。というのが信条なので、どうせなら行って後悔しようと最低限の装備をバッグに入れはじめた。厚手のダウンベストを着て、昼に買ったムクムクさんのシュークリームを持ち、家を出る。手袋は忘れていた。
途中、飲み物を確保するためにコンビニでホットコーヒー(Mサイズ)を購入し、サーモスのタンブラーに移し替える。
この時期の空模様は変化が早いので、『晴れている今が勝負』だと少し焦っていた。

普段夜に本茶峠を走ることはないので、約一年前の雪の日以来の山道。走る景色は同じだが、あの日に比べたら寒さはたいたことはない。窓を開け、暗くて見えにくい桜の咲き具合を見ながら撮影ポイントを探す。

IMG_3082.jpg
【ポイント探索中に撮影。この木は咲いてなかった。】

数回撮影を試み、ようやくよさげな場所を確保。
と、見覚えのある木の並び…この場所は…去年雪を撮影した場所と同じだ。
ほぼ同じ時期(去年の雪は1/25。この星空撮影は1/26)だから考えてみればそうか。

そもそもこの「夜桜星景」写真、奄美では思いついただけで簡単に撮れるものではなく、
1.撮影場所限定
2.撮影時期も限定
3.この時期に雲がない晴天
4.それなりの機材が必要
5.そこそこの撮影技術も必要

このような課題があり、中でも前述しているように一番の問題は1~3で、こればかりはどうしようもない。
ゆえに昨夜の快晴は、撮影者にとってはありそうで意外とないチャンスだったのではないかと思う。もしたまたま行ってこの写真が撮影できたなら、日頃の行いがよくて偶然条件を満たしていた、ということだろう。

IMG_3134-2.jpg

ところで撮影中、少し不可解な出来事があった。

LEDライトを口にくわえたりして手元の機材を照らしていたのだが、後方でなにやらゆらゆら動く光が。
はじめは自分のライトがカーブミラーに反射している?と思っていたが、どうも動きが連動しない。そこで持っていたライトを消してみると、、後ろの光はゆらめいたまま。
この夜中に、山の中を散歩…?本茶峠を越えて…?音はなかったので、車で来ていないことは間違いない。
十数メートル離れていたので、あちらも自分の光を怖がっているといけないと思い「こんばんは」と声をかける。
…返事はない。そして光が消えた。辺りは闇と静寂。
………

このときの脳内選択肢
(1)自分を怪しんで散歩を引き返した。
(2)見間違いでやはりライトの反射だった。
(3)見てはいけないものを見てしまった。

まあ(1)だろう、と思いながら、きりがよかったので撮影機材を片付ける。
このとき脳裏をよぎったのは
(4)あっちが不審者で、この闇の中近づいてきたら…危険。
冷静に考えたらこの可能性がないわけではないので、念のためライトで周りを照らし、しばらく手を止め、再び静寂を確かめた。

IMG_3184-2.jpg

謎の光が消えて2~3分後に同じ道を引き返したが、帰路に怪しい光も人影もなかった。

おそらく事実はこうだ。
『山の中に住家があり、自分のストロボ撮影の発光が怪しいので確かめに来た。自分は声をかけたが(暗闇で距離がわからず)思ったより遠くにいたため相手に聞こえていなく、あちらも人がいることだけを確認して、関わるのは怖いから家に帰った。』

頭の中でそう整理したのは帰ってからで、車で走っている途中は9℃という外気温よりさらに寒気を感じていた。こういうのは暑い夏場だけにしてもらいたいものだ。

途中、本茶峠頂上付近で車を止めてタンブラーに入っているコーヒーとシュークリームを思い出し、自販機の灯りが届くところで休憩。さすがに疲労が溜まっていたようで、熱と糖質が身に染みる。

IMG_3201.jpg

睡魔を感じつつ自宅の駐車場にたどり着き、機材を取り出しているときに、ふとある事に気付いた。

助手席側の窓ガラスに手形を引きずったような跡がある。前にも後ろにも。
こんな汚れは無かったはずだが、、いったい、いつ付いたのか。。。?
 
2017/01/27(Fri) | 記事のURL | 奄美屋日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<<星と桜 | メイン | あけましておめでとうございます>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://amamiyaclinic.blog10.fc2.com/tb.php/2490-2e9e62b6

| メイン |