スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | 記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
心理学的蹴球分析
amamiyaclinic1041.jpg

日本-パラグアイ、実は勝機アリだと考えてます。
細かく書いたら面倒なのですが、主な理由は韓国が負けたこと&先日の試合が良かったことですかね。

サッカーのように長時間にわたって考えながら走る、という競技では試合に臨む精神状態が「筋肉の緊張具合」や「疲労の蓄積」などに関係してきます。まあ、そのへんを考慮したうえでね。韓国の敗北がもたらす影響はプレッシャー1割・開放感9割とみた。今日もよく動けるかもしれません。

でもいいコンディションだからといってアグレッシブに攻めてカウンター食らうというのもありえるパターン。しかもパラグアイはそのスタイルを得意としているようですから、特に前半のつっこみすぎは要注意ですね。

南米のチームはプライドを執念に変えて、勝利を無理やりもぎとる力を持っています。くれぐれも日本は気持ちでは負けないように、集中力を持続させてほしいと願うばかりです。
2010/06/29(Tue) | 記事のURL | 奄美屋日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<<ノートPCとかネットブックとかタブレットPCとか | メイン | 奄美市だより7月号で修正が>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://amamiyaclinic.blog10.fc2.com/tb.php/1794-22cc4fe4

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。