部分日食について
部分日食は日本のほとんどの地域で観測できます。
このへんに来れないカメラマンたちは、フィルタを購入して部分日食の撮影に臨むのですが…ここは皆既日食見れるんだから、まともな撮影は皆既日食に絞っていいんじゃないかと判断

部分日食は、きれいに撮ろうとしたら機材や根性が必要なんですが、ここ数日、日中に外出した感想としては…あの暑さに耐えられる根性なんて、ない(笑)←言い切った
それ以前に機材がありませんし。

ちなみに参考になる国立天文台のページ。サーバー落ちぎみ。
日食を観察する方法
ピンホールでアートするってのも悪くないですね。

撮影は周りの人たちでも撮って、ピンホールで遊んで、あとは日食メガネで見て楽しむぐらいか。
ま、時間あるから暇だったら撮るかもしれないけど?(でもギリギリまで皆既日食撮影セッティングで慌しいかも?)

夕べもそうでしたが、撮影ポイント探しや下見に行くと思うので、情報などあったらどんどん書いていきますね。
2009/07/02(Thu) | 記事のURL | 奄美屋日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<<パッションフルーツ(時計草) | メイン | ガジュマルの樹の下で/ウニ丼>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://amamiyaclinic.blog10.fc2.com/tb.php/1405-5bd33aae

| メイン |