マルチメディアプレイヤーとしてのPSP
外にいる人に、『動画を見せよう』と思った。

●ノートパソコン→持ってない。貸せない。
●携帯→画面ちっちゃい。再生形式不明。
●iPod→nanoしかない。


というわけで?
本棚で飾り物になっていたPSPが思い浮かびました。

amamiyaclinic0319.jpg

これなら貸せるし、画面もそこそこ。
確か動画とか写真鑑賞でも使えたよなぁ。
なによりディスプレイが16:9(だよね?)

これしかない。と思って動画再生を試みましたが…意外とてこずりました。
PSPのファームアップなんてしたことなかったし、認識される動画とされない動画の区別がつきにくいことも…結局、完全にできたわけではありませんが、どうにか画面いっぱいで再生可能に。

amamiyaclinic0318.jpg

このへんの使い勝手(ファイル形式やら再生しやすさ)が向上すれば、マルチメディアプレーヤーとしてはいい機材なんですけどねぇ。一般向けとは言えないレベルかもしれません。ソニーだからそのぐらいの技術はありそうなんですが…大人の事情があるのかな?大人ってイヤだねぇ。
2009/06/24(Wed) | 記事のURL | 奄美屋日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<<相対性理論の話ではないけど | メイン | 根瀬部の夕暮れ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://amamiyaclinic.blog10.fc2.com/tb.php/1383-799439e8

| メイン |