地震ありましたね
今日は地震がありましたが、奄美大島の名瀬ではたいした揺れではなく(震度3。たまにある。)、むしろ緊急地震速報が至る所で鳴り響いていたのが話題になってました。自分の普段は静かな携帯とiPhoneも賑やかに(^_^;)
仕事で集中してたのでびっくりしました。

肝心の地震は・・・今のところ大きな被害は聞いてないですね。戸棚の物も落ちてません。震度5のニュースが流れているので島以外の方が心配なさっていますが、震度5の奄美南部はだいぶ南のほうです。被害どうだったのかな。無事を祈ります。

P1090044.jpg
2016/09/26(Mon) | 記事のURL | 奄美屋日記 | コメント(1) | トラックバック(0) | ▲ top
ようやく祭りシーズンも終わり

ひらとみ祭りの花火。いい感じでした。
反対側は煙で大変だったとのことですが、、こればかりはねぇ。
中間地点にスタンバイして、途中で移動したらいいかもです。ひらとみ祭りだと↑のポジションはよさげ。

自分は一度ひらとみ祭りの花火の煙でアレルギー反応が出たことがあるので風向きは死活問題なのです。。あのときは目を腫らして泣きながら運転して帰りました(T_T)視野狭くなって運転やばかったし、、思い出したくないな。

IMG_1386.jpg
おまけでハイビスカス写真。
2016/09/06(Tue) | 記事のURL | 奄美屋日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
おっと、更新しないと
文章書いたり思考したり、嫌いではないのですが余裕がないとなんとも。でもFacebookに書くぐらいなら、より個人的な場所であるここに書くのが正解でしょうね。

祭り期間中、余裕がなくてまるごとブログが抜けてしまいました。いけない。
残るは大和村のひらとみ祭りですが、台風の影響を考慮して延期になったとか。9月4日かな。

動画は三太郎まつりの花火。水中花火はいつからなくなったんだろう。動画の左側にスペースがあるのは水中花火があると思って空けてました(^_^;)失敗。
2016/08/24(Wed) | 記事のURL | 奄美屋日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
月夜の森のフクロウ
IMG_8825-003.jpg

月夜は明るくて星空撮影には向かないので、蛍でもいないかな、と思って出かけてみましたが、ホタルも少ししかいませんでした。明るくて発光をためらっているのか、見に行った場所がハズレだったのか。

でも近くでリュウキュウコノハズクの鳴き声が聞こえたので暗闇の中で探して撮影。しばらくしたら逃げられてしまいましたが。いや、そのへんにいるんでしょうけど、鳴かなくなると居場所が探せない。。

フクロウは月夜がとてもお似合いですが、明るいと人の姿も見えすぎちゃって近づきにくい、というのもある。
次はすっきり晴れた、なるべく月のない夜にまた撮影したいです。

IMG_8740-004.jpg
2016/07/18(Mon) | 記事のURL | 奄美屋日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
天の川
★IMG_8654

奄美大島といえど、車から下りてすぐに真っ暗な場所って意外とありませんね。
まだそんなに探してませんが、晴れた日で元気が残っていたらなるべく星空ポイントを探しに行きたい。
たいてい元気が残ってないんだけどね…(^_^;)

おすすめの場所があったら教えてくださいね。
2016/07/05(Tue) | 記事のURL | 奄美屋日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
月夜ニモマケズ。光害ニモマケズ。
IMG_7975-001.jpg

実際はどちらにもちょっと負けてますが、月夜の晩に大浜の下で撮影。
ここで星空を撮ったことがない人には普通の星景写真だと思うでしょうが、星空を撮影をするには光害が強烈な場所なのです。
これまでは諦めてましたが、『ちょっと頑張ってみよう』と夕べ撮影練習してきました。平日にすべきじゃなかったけど…

日頃から「日本のアマチュアカメラマンには創意工夫が足らず、プロの良い土台になっていない」と口語している自分としては、自らを省みる良い時間となりました。金額や機材だけで写真を撮影してはいけない。
いや、良い星空撮影はそれなりの機材は欲しいところですが…(^_^;)

変わった撮影にも挑戦しながら、世界中の同士orライバルたちといっしょに、もっと写真を楽しまないとね。

IMG_7989.jpg
これも同じく大浜。別の変な工夫で撮影した一枚。

そんなわけで、星空の向こうに何かが見えつつあった平日の夜でした。
2016/06/24(Fri) | 記事のURL | 奄美屋日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ